部屋を整理したついでに

もう25年くらい前、ノルマンディー地方へ旅行したとき、オンフルールという小さな港町へ行きました。 そこで見つけて買った絵です。

ずっと御蔵入りでしたが、出してみました。

 

なんの花なのか良くわからないですね。 この写真は白い壁も全部がピンクがかっているので、本当の色味がわからないのですが、「絵が一つあるだけで、こんなに部屋が変わるんだ!」と思いました。

 

大きめで、枠も結構重いので、壁に掛けるのはやめておきました。

周りがゴチャゴチャしていたので、ついでに部屋の片付けをしていたら、

「あれはどこだったかな??」という資料とか、しまいこんであった金具とか、すぐに必要だったものたちが色々見つかりました。 こういうのも、一石二鳥と言って良いのでしょうね。

 

また絵を描こうかな。 オランダで揃えたイーゼルとか絵の具とか、引越しを重ねるうちに手放してしまいました。

 

絵を描いているときは、時間を忘れます。

余裕ができたら・・・とずっと思ってきましたが、

楽しく暮らすのも人間の役割のようにも思えてきて、

 

「始めるなら
 今でしょ!」 (古い?)